KIRITANI Saeri

国境を越えて 桐谷さえり
2018/11/22 - 12/2 (終了しました)

黄金の街,芸術の街,音楽の都,ウィーン。歴史的にも国際色豊かな街。ウィーン美術アカデミーに客員アーティストとして在籍していた2016年の春,そんなウィーンに人生の可能性をかけ,様々な困難を乗り越えて,希望と夢を持って外国からやってきた男女16人(アフガニスタン,イラン,ガーナ,韓国,コソボ,シリア,スウェーデン,セルビア,中国,ドイツ,日本,パレスチナ,メキシコ出身の人,学生,移民または難民)にインタビューし,主に各々の故郷について質問しました。「あなたのお名前は?どこから来ましたか?・・・」など。
インタビューの後に感じたことは,人々の郷愁の想いでした。今回の作品は,その人々のポートレート写真をコラージュにしたものです。ウィーンでは,様々な建物や絵画に黄金の装飾がなされています。そして,私の故郷であり,常に恋しく懐かしく想いを寄せる金沢も金箔で有名な街。二つの都に共通する金色の輝きを意識しながら作品を制作しました。(桐谷さえり)